建築

注文住宅で理想のホーム~夢が叶うマイホーム建築~

後悔しないために

一軒家

大府で注文住宅を建てる時に、遠慮をしてしまう人がいるようですが、とことんこだわって構いません。それに、最近ではある程度の要望に応えてくれる業者が増えてきているので、これからもどんどん自由度の高い家が建てられるようになっていくことが考えられます。

トレンドは木造住宅です

家

なぜ今人気であるのか

岐阜における注文住宅のトレンドは、無垢材などを多く利用した木造住宅です。一般的に、無垢材を使用した木造住宅は、木の温かみが感じられます。また、最近では子供の健康を考える多くの人が無垢材にこだわった注文住宅を建てています。無垢材を使うということは、ハウスシック症候群の原因である化学的な成分が含まれていません。特に小さな子供は、フローリングを這いずりまわることもあるため、よりハウスシック症候群の原因に触れやすい環境にいます。無垢材を利用することで、その危険から回避することができるのです。そして、岐阜には飛騨の匠といった昔ながらの大工の技術や岐阜県産の銘柄の木といった個性があります。そのよう岐阜の個性を活用した注文住宅を建てる方が増えているのです。

県産材を使い補助を受ける

先ほど岐阜県産の銘柄の木材について触れました。銘柄の木材に限った話ではありませんが、岐阜県産の木材を一定量以上注文住宅に使用することで、岐阜県から補助金を得ることが可能になります。そのため、岐阜で木造住宅を考えている人は、使用する木材の量を計算に入れながら建てることで大きなメリットが得られます。木材の量の考え方や、補助金の申請は、専門的で素人には困難であるため、補助金を得たいと考えている方は、まずはじめに建築会社に、補助金を受けたい旨を伝えておけば、細かい計算や、補助金の申請は建築会社がしてくれます。また、岐阜県に限らず、場合によっては、市町村においても補助金を交付している場合があるので、建てる場所が決まっている方は、一度その市町村のホームページを確認しておくとよいでしょう。

購入する時の考え

一軒家

首都圏でマイホーム購入を考えている人にとって、歴史的な趣があり、景観もよい鎌倉市は人気のある町の一つです。注文住宅の購入にあたっては、間取りなどの建物本体のこだわりも大切ですが、事前に立地条件を精査しておくことも重要です。

建築の情報

エクステリア

注文住宅という形で明石市において住宅を建築する方については、そんなに建築を急いでいる方ではないと思います。やはり建築主と工務店が相談しながら建築することになりますので時間は普通よりかかってしまいます。この点だけ納得して注文住宅にしなくてはいけません。